2014年08月18日

ショートカットキーを使ってみるB


ショートカットキーを使ってみるB


パソコンにはキーボードの
組み合わせで特定の
作業を行うことができます。


今日はWindowsキーを使った
ショートカットキーを
まとめてみました。

以前の記事で書いたものも
中にはありますが、
いちおWindowsキーまとめ
ということで。
(以下、「Win」と表記)

※Windowsキーとは、キーボード左下にある、
 Windowsのロゴが印字されたキーです。








「Win + M」
 全てのウインドウを最小化


 職場で共有のパソコンを使っていると、ウインドウがいっぱいで
 デスクトップのアイコンをクリックするのに一苦労。
 そんなときにはこのショートカットキーで一発で
 デスクトップを呼び出しましょう♪






「Win + U」
「コンピューターの簡単操作」を開く


 障害児者のIT支援において、コンピューターの簡単操作は開くとこも多いのでは。
 毎回コントロールパネルからたどるよりも、楽に開けます。





「Win + E」
 マイコンピューターを開く


 パソコンのハードディスクの空き容量をさっと確認したり、
 接続してあるUSBメモリーにアクセスするときに。何かと重宝するショートカットキーです。





「Win + R」
 ファイル名を指定して実行


 例えばこのWin+Rを押した後、
 出てきた入力画面に「notepad」と入力するとメモ帳が出てきます。
 他人のパソコンを使うときに「あれ、メモ帳は?」
 といったときに探す手間が省けます。





「Win + L」
 画面をロックする





「Win + Pause/Breakキー」
 「システム」を開く。


 この画面からそのパソコンのメモリや
 CPUなどの性能をチェックできます。







他にもいろいろあるようですが、
とりあえず個人的によく使うものを
挙げました。





posted by switch at 06:03| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

ショートカットキーを使ってみるA

ショートカットキーを使ってみるA

パソコンにはキーボードの
組み合わせで特定の
作業を行うことができます。

今日はエクセルを中心に
紹介したいと思います。




Ctrlキー+1 セルの設定を開く
(罫線や単位など各種設定をする画面を開きます。)


F2 セルを途中から編集する
(通常、セルに文字をいきなり打ち込むと以前打ち込んでいた文字は
消えてしまいます。しかしF2を押すと、以前の文の末尾から文字を
打つことができます。)


Ctrlキー+Shift+↓
空白のセルまでとぶ

(セルが上から下に向かって値が各セルに入力されているとき、
次の空白のセルまでフォーカスを運んでくれます。)



Altキーを押しながらオートシェイプなどを
ドラッグして大きさを調整する。
近くにあるセルの大きさに合わせてサイズ調整されます。



Ctrlキーを押しながらセルをクリック
複数のセルを選択できます。



Shiftキーを押しながらセルをクリック
最初にクリックしていたセルから
Shiftキーを押しながらクリックしたセルまでの
間にあるセルを全て選択します。






前回の記事で紹介したショートカットキー
組み合わせるとさらに作業が
はかどりそうです。




posted by switch at 06:44| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

☆ショートカットキーを使ってみる。☆

こちらの記事はお引っ越ししました。
お手数ですが下記の方へアクセスお願い致します。


お引っ越し先へ


posted by switch at 20:55| Comment(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。