2014年08月05日

障害者のIT支援において、必要とされる支援者とは?

障害者のIT支援において、必要とされる支援者とは?


ITテクノロジーが急速に発展し、
様々なパソコンやタブレットが
市場に出回り、
ネット上にはフリーソフトや
無料アプリが溢れています。

そのような昨今において
障害者のIT支援は以前より
バリエーションが豊富になりました。


以前は数十万円する専用機器を買わなければ
できなかった支援が、
3、4万円程度のパソコンないしタブレットと
無料アプリで実現できます。


このような時代に必要なのは
なんでしょうか。
高価な機械でしょうか。
最先端の技術でしょうか。

違います。

それは支援者の存在だと
思います。

ではどのような支援者が必要なの
でしょうか。

豊富な技術を持っている支援者
でしょうか?
豊富な知識を持っている支援者
でしょうか?

少し違います。

目の前の障害を持った方の
したいことを実現すべく、
その方法を

調べようとする支援者
考えようとする支援者

です。


これだけインターネットが
発展した時代、
技術がなくても技術を持った人と
出会える方法はいくらでもあります。

これだけインターネットが
発達した時代、
知識がなくてもグーグルで
検索すればすぐに効率良く
情報は手に入ります。


そう、その人のために
何か方法があるはずだと
信じて取り組む姿勢が
大切
なのです。

調べなければ答えはでません。
考えなければ答えはでません。

けれどその一方で、
知識も技術もなくても、
今この瞬間、
少し検索するだけで、
障害を持った方の毎日を
変えることができるかも
しれないのです。


そう考えると、
夢のある時代になってきたと
思いませんか?







posted by switch at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。